純白のチマチョゴリ!韓服ウェディングドレスのかわいさ知ってますか?

在日コリアンウェディングで花嫁が着る定番の衣装といえば、やはりチマチョゴリですよね。

DEPO LABOブログでは今までチマチョゴリがレンタル出来るお店や、チマチョゴリが進化した韓服ドレスの魅力など何回かチマチョゴリについてご紹介してきました。

しかし、チマチョゴリの魅力はまだまだお伝えしきれていないんです。
今回お伝えしたいチマチョゴリの魅力は・・・・ウェディングドレスです!!

私自身、コリアンウェディングのチマチョゴリで想像するものといえば赤や青を基調として、豪華な刺繍が施されたものでした。
結婚式でチマチョゴリを着たい!着こなしコーデを一挙大公開!でご紹介している、古典婚礼衣装というものですね。

DEPO LABOでも今まで古典婚礼衣装を着用した新郎新婦を何度か撮影させて頂きました。
新婦だけでなく新郎新婦共に、頭の先からつま先まで飾られるその衣装の豪華さには毎回驚かされます。

私は自分の結婚式でウェディングドレスを着ましたが、白無垢や色打掛はこの機会を逃したらもう一生着ることはないだろうなと考えました。

神社で結婚式を挙げるわけでもないし・・・ということでウェディングドレスにしましたが、お色直しで色打掛もありだったかもしれないと少し後悔をしています。
今って本当にかわいい色打掛がたっくさんあるんですよね。

チマチョゴリの古典婚礼衣装も、日本人の白無垢や色打掛のような存在の衣装だと思います。

今回はこれから挙式を挙げようと計画している新郎新婦のみなさまの、そんな一生に一度の選択肢に古典婚礼衣装に加えてもう1つ選択肢を提案したい。
それが、チマチョゴリのウェディングドレス、韓服ウェディングドレスです!!

私が韓服ウェディングドレスを知ったきっかけは、pinterestでした。
日々、暇つぶしツールとなってくれているpinterestの写真の中に突如、純白のチマチョゴリが現れたんです。

その美しさは衝撃的でした。
最近ではその美しさから、日本人の花嫁さんでも韓服ウェディングドレスを選択する方がいるそう
です。

新郎新婦の婚礼衣装の選択肢が増えることを願いつつ、純白のチマチョゴリ・韓服ウェディングドレスの魅力をお伝えします!


▼Pinterestで見つけた素敵な韓服ウェディングドレスを一挙ご紹介!

▼どれくらい広まっている?韓服ウェディングドレスの実情とは??

▼韓服ウェディングドレスはCHIMACHODORUでオーダーしよう!

▼まとめ


▼Pinterestで見つけた素敵な韓服ウェディングドレスを一挙ご紹介!

まずは、私がその美しさに衝撃を受けた韓服ウェディングドレスをいくつかご紹介します。
初めて韓服ウェディングドレスを見る方はきっとその美しさに驚くと思います!

古典婚礼衣装に近いもの

まずは古典婚礼衣装に雰囲気が近いものをご紹介します。

形は古典婚礼衣装に近いですが、上下白ということで全く違う印象に見えませんか?
男性の帽子は古典婚礼衣装のものとほぼ同じですね。

出典:pinterest

こちらのドレスは真っ白ではなくシルバーですね。
落ち着いた色味のメイクも素敵です!
こちらの韓服ウェディングドレスはイ・スンヒョン さんという韓服デザイナーの方の作品です。

出典:청담 이승현한복

こちらの髪飾りも古典婚礼衣装の雰囲気があります。
金色の刺繍が素敵です!


出典:HELLOMUSE

出典:korean couture

全体的な形は古典婚礼衣装ですが、生地が薄めで軽い印象ですね!
そして、王冠とベールを合わせるというのがとっても新鮮です。

出典:pinterest

こちらは肩が透けている感じがセクシーです。
下にはドレスのようものを着ているのか・・・新しいスタイルですね!

出典:pinterest

一般韓服に近いもの

次は、袖が長袖のようになっている一般韓服の形と似たものをご紹介します。
古典婚礼衣装のような大きな袖が無いと少しだけカジュアルな印象ですが、上下白いということ、ベールなどを組み合わせているということから、古典婚礼衣装と同じくらい婚礼衣装としての見栄えがあるドレスになっています。

王冠に合わせて洋装寄りの髪型とメイクですね。
レースのベールがとっても綺麗です。

出典:my wedding

こちらも先ほどの王冠と同じく、チマチョゴリにはあまり見たことのないヘットドレスを合わせています!

出典:wedding 21 news

こちらはパッと見はウェディングドレスに見えます。
しかし、よく見るとウェストのラインが上にあり、韓服ウェディングドレスだということが分かります。
髪型やヘットドレスがとっても現代的な印象です。

出典:wedding 21 news

男性の韓服もいろいろなスタイルがあります。
帯の部分がおもしろいですね。
女性の短めのベールもかわいいです!

出典:pinterest

こちらの男性のスタイルは他のものと比べると生地が薄いのか、とっても軽い印象で素敵です。

出典:pinterest

 


▼どれくらい広まっている?韓服ウェディングドレスの実情とは??

冒頭で、古典婚礼衣装に加えたもう1つの選択肢に・・・と書きましたが、実際の所、韓服ウェディングドレスはどれくらい韓国の方に浸透しているのでしょうか?

ずばり、あまり広まっていないんです・・・・。

日本で白無垢に角隠しでなく、お花や、ヘッドドレスを合わせる新婦がだんだん増えてきているような感覚と同じで、韓服ウェディングドレスはチマチョゴリの現代風アレンジの1つとしての認識だということです。

上でいくつか紹介した韓服ウェディングドレスの写真の中にも、王冠やベールを合わせたり、薄い生地で作られていたりと、新しいな・・・と思わせるものがたくさんありました。

ちょっと変な例えになってしまうんですが、沢尻エリカの白無垢に百合の花を合わせたスタイルって覚えていますか?

出典:HACHI8

私の中でこのスタイルはすごく衝撃だったんです!笑
今でこそ、白無垢に合わせることが普通になったお花やヘッドドレスですが、その先人を切ったのは彼女なのではないかと、私は個人的に思っています。

コリアンスタイルのウェディングで上で紹介したような韓服ウェディングドレスを、新郎新婦揃って着用するということは沢尻エリカ並の衝撃を与える行動なのかもしれません。
変な例えで申し訳ないです・・・笑

 


▼チマチョゴリウェディングドレスはCHIMACHODORUでオーダーしよう!

結婚式で韓服ウェディングドレスを着たいという在日コリアの方は、どうすればよいのでしょうか?

古典婚礼衣装や一般的なチマチョゴリであればレンタルしているお店はあるのですが、韓服ウェディングドレスを日本でレンタル出来るお店は、私が探した限りではありませんでした・・・。
※荒川に店舗のあるSarangで取り扱いがありました!
Sarangについての紹介ブログはこちらから

日本で韓服ウェディングドレス着るには、DEPO LABOで最近インタビューをさせて頂いた新大久保にあるチマチョゴリレンタル撮影スタジオ、CHIMACHODORUさんでのオーダーをオススメします!

CHIMACHODORUはチマチョゴリをレンタルして、自由に撮影が出来るというスタイルの撮影スタジオなのですが、チマチョゴリのレンタルやオーダーも取り扱っています。

今年の3月にオープンしたばかりということで、まだチマチョゴリのオーダー依頼は無いそうなのですが、結婚式用のチマチョゴリのオーダーは可能だということです。

そして、なんといっても注目したいのは値段の安さなんです!

インタビューでお答え頂いたのですが、オーナーのYukieさんには会社員として働いていた時に出来た韓国での強い人脈があり、ウェディング用のチマチョゴリが他店で20万円からくらいであれば、半額くらいで提供出来るということなんです。

半額って驚きですよね。
ちなみに、一般用のチマチョゴリであれば2万円くらいでオーダー出来るそうです。

また、Yukieさんがお店を始めたきっかけの1つに、日本には韓国のようにかわいいチマチョゴリがレンタル出来るお店がなかったということがあります。
日本人の私たちには判断が難しいんですが、日本でレンタル出来るチマチョゴリは型が古いものが多いそうなんです。

そんな視点を持ったオーナーの手を借りて、韓服ウェディングドレスをオーダーすれば、間違いなく最新のトレンドを組み込んだかわいい韓服ウェディングドレスが出来上がるはずです!

CHIMACHODORUについてのブログも合わせてぜひご覧ください。
日本でチマチョゴリを着るならCHIMACHODORUへ!若きオーナーが実現したその安さの秘密とは!?
CHIMACHODORUを実際に体験してみよう!チマチョゴリにはかわいいがいっぱいだった!


▼まとめ

純白のチマチョゴリ、韓服ウェディングドレスをご紹介しました!
いかがでしたでしょうか?

韓服ウェディングドレスはやはり、かわいいですね。
そして、今回たくさんの写真を見て思ったことは韓服ウェディングドレスは新しいということです。

王冠やベールなどの小物合わせや、生地の薄さでも雰囲気が全く違うドレスに見えましたよね。
これからもどんどん新しい韓服ウェディングドレスが誕生するのではないでしょうか。

現時点ではあまり韓国の新郎新婦にもあまり広まっていないという点が残念ですが、このブログを読んで着てみたいなと少しでも思ってくれる方がいましたら、ぜひ結婚式のドレスとして選択して頂きたいです!

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Language